あいみょんライブ2023チケットの予約方法と当選倍率を調査!当落結果も紹介

音楽
スポンサーリンク

あいみょんライブ2023が開催される事が決定しました!

あいみょんの地元兵庫の甲子園で念願の弾き語りライブを行ったばかりですが、早くも次のライブツアーが発表となりファンにとっては嬉しい限りですね。

あいみょんライブ2023は4月7日横須賀芸術劇場を皮切りに、全31公演が予定されています。

そこで今回の記事では「あいみょんライブ2023チケットの予約方法と当選倍率を調査!当落結果も紹介」と題して、チケットの予約方法・当選倍率・当落結果を紹介していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あいみょんライブ2023チケットの予約方法

「あいみょんライブ2023」ですがチケットの予約方法はまだ発表されていません。

ツアータイトルもまだ発表されていないので、分かり次第追記していきたいと思います。

参考までに前回の「ま・あ・るツアー」のチケットの先行予約日から予想すると、あいみょんライブ2023のチケット先行予約開始日は

2022年12月9日~年内

と予測されます!

詳細は下記の通りです。

  • ま・あ・るツアーは2022年4月16日神戸からスタートしました
  • AIM会員優先予約は2021年12月24日~2022年1月12日

という事は「ま・あ・る」の先行予約開始はツアー初日の約112日前になります。

今回の「あいみょんライブ2023」のツアー初日は2023年4月7日です。

4月7日の112日前は、2022年12月9となります。

あいみょんライブ2023のツアー日程

【2023】

日時会場
4月7日(金)神奈川・よこすか芸術劇場
4月12日(水)長崎・長崎ブリックホール
4月14日(金)鹿児島・川商ホール第一
4月18日(火)沖縄・沖縄コンベンション劇場
4月19日(水)沖縄・沖縄コンベンション劇場
4月26日(水)香川・レクザムホール
4月27日(木)愛媛・愛媛県県民文化会館
5月1日(月)群馬・高崎芸術劇場 大劇場
5月9日(火)福井・フェニックスプラザ
5月11日(木)富山・オーバードホール
5月16日(火)三重・三重県文化会館
5月18日(木)愛知・センチュリーホール
5月19日(金)愛知・センチュリーホール
5月23日(火)宮城・仙台サンプラザホール
5月25日(木)秋田・あきた芸術劇場ミルハス
5月29日(月)大阪・フェスティバルホール
5月30日(火)大阪・フェスティバルホール
6月13日(火)兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月14日(水)京都・ロームシアター京都メインホール
6月19日(月)北海道・函館市民会館
6月21日(水)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月22日(木)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月30日(金)栃木・宇都宮市文化会館
7月4日(火)広島・広島文化学園HBGホール
7月5日(水)広島・広島文化学園HBGホール
7月7日(金)岡山・倉敷市民会館
7月12日(水)福岡・福岡サンパレス
7月13日(木)福岡・福岡サンパレス
7月19日(水)東京・東京ガーデンシアター
7月20日(木)東京・東京ガーデンシアター
7月23日(日)東京・東京国際フォーラムホールA

チケットの予約方法・チケット料金

分かり次第追記していきます。

チケット申込み期間

分かり次第追記していきます。

チケットの一般発売

前回のま・あ・るでは2022年2月26日から一般発売でしたので、今回も一般発売があるとすれば2023年2月17日頃と予測されます。

あくまで予測ですので、詳しいチケット情報はあいみょん公式サイトからもご確認ください。

あいみょんライブ2023チケットの当選倍率

ライブツアーが発表されるとチケットの当選倍率も気になりますね。

そこで今回は「あいみょんライブ2023」のチケット当選倍率を予測していきたいと思います。

あくまでも予測ですので参考程度にご覧ください。

結論

あいみょんライブ2023の当選倍率はと予測!

上記の結論になった経緯を詳しく見ていきましょう。

倍率の計算は、(応募総数)÷(収容人数)=(倍率) で計算します。

応募総数

応募総数ですがあいみょんさんのファンクラブの会員数は公表されていません。

SNSなどの書き込みによると2022年11月のファンクラブ会員数が13万9,000台となっているようです。

なのであいみょんのファンクラブ会員数は14万人とします。

内、ファンクラブを辞めた方・申し込まれない方もいるのでファンクラブ会員の6割の方が申し込むと仮定します。

14万人の6割は84,000人です。

チケット申し込み枚数の詳細はまだ発表されていませんので、前回と同様1人2枚申し込めると仮定します。

平均1人1.5枚申し込むとして、84,000人×1.5枚=126,000人

よって応募総数は126,000人となります。

収容人数

各会場の収容人数を調べていきます。

会場収容人数合計
神奈川・よこすか芸術劇場1,8061,806
長崎・長崎ブリックホール2,0022,002
鹿児島・川商ホール第一1,9901,990
沖縄・沖縄コンベンション劇場5,000×210,000
香川・レクザムホール2,0012,001
愛媛・愛媛県県民文化会館2,7252,725
群馬・高崎芸術劇場 大劇場2,0272,027
福井・フェニックスプラザ2,0002,000
富山・オーバードホール2,1962,196
三重・三重県文化会館1,9031,903
愛知・センチュリーホール3,000×26,000
宮城・仙台サンプラザホール2,7102,710
秋田・あきた芸術劇場ミルハス2,0072,007
大阪・フェスティバルホール2,700×25,400
兵庫・神戸国際会館こくさいホール2,1122,112
京都・ロームシアター京都メインホール2,0002,000
北海道・函館市民会館1,3701,370
北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru2,302×24,604
栃木・宇都宮市文化会館2,0002,000
広島・広島文化学園HBGホール2,001×24,002
岡山・倉敷市民会館1,9741,974
福岡・福岡サンパレス2,316×24,632
東京・東京ガーデンシアター8,000×216,000
東京・東京国際フォーラムホールA5,0125,012

以上で収容人数は合計88,471人となります。

チケット当選倍率

倍率の計算は、(応募総数)÷(収容人数)=(倍率)で計算します。

126,000÷88,471=約1.4

という事で、チケットの当選倍率は1.4倍という事になりました。

あくまでも予測ですので、参考程度にご覧くださいね。

あいみょんライブ2023チケットの当落結果

あいみょんライブ2023、チケット当落の結果を分かり次第追記していきます。

当選された方の声、また落選された方の声を紹介していきたいと思います。

当選された方の声

分かり次第追記していきます。

落選された方の声

分かり次第追記していきます。

あいみょんのライブがU-NEXT無料トライアルで楽しめます↓↓

まとめ

今回の記事では「あいみょんライブ2023」のチケットの予約方法や当選倍率について調査していきました。

あいみょんライブ2023のチケット倍率は1.4倍という事が予測されます。

あくまでも予測ですので、参考程度に見て頂ければと思います。

皆さんチケットが当選しますように。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました